ダイエット

献血ダイエットは本当に痩せるのか

 

キリです。

私は自他共に認める献血オタクです。

16歳の誕生日に初めて献血に行ってから、未だにずっと通っています。

今考えれば16歳の誕生日に献血行くとか頭おかしい

献血ダイエットってご存じですか?

キリはちょくちょく聞いてたんですが、せっかくなので献血ダイエットについて細かく検証したいと思います。

献血ダイエット」って?

そもそも献血ダイエットというのは、文字通り献血をして痩せるというダイエット方法です。

絶対嘘やんw

多分メカニズム的には、

献血によって体から血液が減る

体が足りない血液を早く補おうとして代謝があがり、カロリーを消費する

カロリー消費するので痩せる

こういうこと。

献血をするには?

まず、16歳以上の方が受けることが出来るので、まだの方は誕生日を待ちましょう。

受けることができる方は近くの献血センター献血バス献血をする必要があります。

個人的には、献血センターをオススメします。

そもそも「献血」には、

の3種類があり、献血バスでは設備の関係上、400ml献血しかできません。

そして献血バスには豊富な飲み物、お菓子が準備されていない!

献血ルームだと

献血種類が選べる

お菓子、飲み物飲み放題(場所による)

献血ルームによっては、アイスが食べられる場所や、ライブハウスが併設されている場所もあります。

あと、だいたいの献血ルームは漫画読み放題が多い。

キリは高校生の時はちはやふる献血ルームで完読しました。

上記のことから、どんなに暇で、目の前に献血バスがあったとしても、キリは通り過ぎて献血センターに向かいます。自分の会社に献血バスが来る時くらいしか利用しません。

世の中の献血初心者女子には成分献血がおすすめ

先程、献血の種類は

の3種類あると説明しましたが、

キリは成分献血をオススメします!

成分献血とは

まず、400ml献血、200ml献血というのは血液をそのまま体から400ml(200ml)抜き取る献血方法です。

そして成分献血とは、まず血液を普通に抜き、専用の機械を使い血液の中の血小板(もしくは血しょう)だけを抜き取った後、残りの血液を体内に戻す。という献血方法になります。

つまり、成分献血なら血液の中のある成分だけしか減らないので、体の負担がかなり少ないということ。

献血初めてさんや、女性は400mlも抜くとどんなに健康な人でも貧血を起こしやすいので、出来れば成分献血が良いです。

献血ダイエット、効果は?

あくまでも数字の目安ではありますが、500ml献血をすると、消費カロリーは650kcal程度だそうです。

ちなみに成分献血でも同じくらいのカロリーを消費します。

650kcalというと、成人女性の1日の摂取カロリーは1800kcal前後だと言われているので、3分の1程度、つまり一食分!

献血するだけで、一食分のカロリーが消費できると考えれば、献血ダイエット最高じゃん!!!!

と、ここまでが数字での効果。

献血をすることによって一食分のカロリー消費が見込めるということでしたが、

献血をすると体調を崩さないように水分や糖分を摂る必要があります。

例え、

ダイエット中だからいらない!!

と楯突いても、献血をしてしまった後では飲み物を飲むまで多分ベッドから下ろしてくれないでしょう。

そして、献血も毎日実施することは出来ません。早くても2週間に1度です。

  • 貧血防止で飲み物やお菓子を食べなければいけない
  • 早くても2週間に1度の頻度でしか受けられない

以上のことを踏まえ、

ダイエットとして提唱出来るほどの効果は無いという結果になりました。

そもそも献血ダイエットが存在するなら、20回以上行っているキリはこんなに太ってないです。

結論

献血はダイエットとしての効果はないし、むしろお菓子や飲み物の宝庫なので食べすぎれば太る

でも献血はいいことだし暇つぶしにもなるから是非献血へ行ってね!

ABOUT ME
キリ
ノリと勢いで考え無しにド田舎へ嫁いでしまったゆとり世代キリのブログ。「主婦になったら遊べない」という世論を覆すべく、ド田舎から発信中。イケメン優男の年上夫と2人暮らし。夫溺愛。